高く査定してもらうための着物の保管方法とお手入れについて詳しく紹介しています。

  1. 高く査定してもらうための着物の保管方法とお手入れまとめ

高く査定してもらうための着物の保管方法とお手入れまとめ

脱いだ後はどうするの?

脱いだ後はどうするの?

着物のお手入れの方法ってわからないことが多いですよね。なんとかして綺麗な状態に保っておきたいとは思うものの、どんなお手入れをすればいいのか教えてもらえる人もいないし、かといって脱いだ後ぐちゃぐちゃにしておくわけにもいきません。洋服と違ってあまり着る機会がないだけに困ってしまいがち。それに、もし着物を買取に出す日がきたら状態によって金額は大きく左右されます。そこで、保管の方法とやってはいけないことについて説明していきます。

まず、脱いだ着物や帯、長襦袢はハンガーにかけて一晩は吊るしておきましょう。着物には体温や湿気が移っているので、こうしないと湿気を取ることができずカビや黄ばみのもとになります。一晩置いた後は着物についたホコリを綺麗に払って、着物に汚れがついていたりしたら無理して自分で落とそうとせず、専門のクリーニング店に頼むようにしてください。普段着ている洋服と同じように処理をしてもうまくいかないことが多く、シミが広がるなどかえって汚れがひどくなる可能性があります。半襟は中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗ったらタオルで水気を吸い取り、陰干しを行います。乾いたらアイロンがけをしますが、絹が縮んでしまうのでスチームは使ってはいけません。

タンスにしまうときはどうするの?

タンスにしまうときはどうするの?

着物を綺麗にしたらまた保管することになりますが、保管の際も湿気に十分注意しなければいけません。たたんだ着物は和紙で包み、桐のタンスなど、できるだけ湿気が少ない場所に保管をします。桐は防湿効果や通気性が高いため、着物や反物のように湿気に弱いものを収納することに適しているのです。一方、プラスチックケースは通気性が悪く、カビが発生しやすくなるため避けましょう。

また、保管場所に乾燥剤や防虫剤を入れておくことも忘れないでください。防虫剤は着物専用のものを選び、着物に直接触れる場所ではなく和紙の四隅に置くようにします。天気が良く、空気が乾燥している日には少しタンスを開けて換気をするのも大切です。

定期的に虫干しを!

ただ、乾燥材を入れていたとしても湿気対策はそれだけでは足りません。ずっとしまったままだとどうしても湿気を帯びて傷む原因になるので、年に2回を目安に虫干しを行うようにしましょう。虫干しは晴天が続く日を見計らい、1枚ずつ衣紋掛けにかけて午前10時から午後2時頃まで、お昼の4時間程度陰干しをします。直射日光が当たらず、風通しの良い部屋を選んでください。年に2回の時期としては湿度が低い冬、10月~11月と1月~2月がおすすめです。

関連ページ
ページのトップへ戻る