浴衣(ゆかた)の買取相場を紹介

  1. 夏に着る木綿のひとえ。浴衣(ゆかた)の買取相場を紹介

夏の代表格、浴衣(ゆかた)について

夏の代表格、浴衣(ゆかた)について

夏の着物と言ったら浴衣です。お祭りや花火大会、シッピングなどにも気軽に着用することができ、特に若い男女の浴衣は年々ファッショナブルになっています。

そもそも浴衣とは平安時代の貴人が沐浴の時に着用した麻の単衣のことで、湯帷子(ゆかたびら)がその語源とされています。その後室町時代から江戸初期にかけて盆踊りなどが流行したのを機に庶民の間でも着られるようになり、江戸時代中期には木綿の浴衣が広く一般に用いられるようになりました。以来肌触りの良い浴衣は老若男女問わず寝間着や日常着として着用され、高温多湿の日本の夏に欠かすことのできない衣服として重宝されてきました。洋装が定着した現代では、浴衣は普段着というより夏のイベントなどに着ていくちょっとしたおしゃれ着という位置づけになっています。

最近では様々な柄の浴衣がありカジュアルに着られるものが多くありますが、伝統的な浴衣を選べばよそいき着として活用することができます。綿絽、綿縮、綿紅梅や絹紅梅、絞りの浴衣などは浴衣の中でも格上で、夏素材の名古屋帯などを合わせることで大人の夏のおしゃれを楽しめるでしょう。

普段着である浴衣の買取相場は高くはなく、状態の良いものでも高い査定額は期待できません。査定を依頼しても値段がつかない可能性もあります。浴衣を売りたいなら下駄や小物などをセットにして出すなど、少し工夫が必要でしょう。

浴衣の買取相場を紹介

商品名 状態 その他特記事項 査定価格(税込)
良品綿 浴衣 青・紺 幾何学柄・抽象柄 状態A 肩当、居敷当て付き。肩当に薄いシミがあります。 6,006円
綿 浴衣 青・紺 幾何学柄・抽象柄 状態A 肩当に名入。袖に小さなシミがあります。 4,486円
新品 綿 女性用浴衣 紫・藤色 花柄 状態S しつけ糸付きです。洗濯可の表示つき。 3,725円
新品 綿 女性用浴衣 黄・黄土色 花柄 状態S 花びらのラインにラメが入っています。 2,965円
良品綿 アンティーク着物 青・紺 花柄・古典柄 状態A 女性浴衣。肩布、居敷当て付き。目立つ難のないとても状態のよいお品です。 2,965円
綿 女性用浴衣 ピンク その他 状態A 夏の季節感を楽しむ装いに。しつけ糸付きです。 1,806円
綿 女性用浴衣 青・紺 花柄 状態B 全体的に色あせがあります。 1,176円
新品 綿 女性用浴衣 青・紺 花柄 状態S さらりとした手触りの青・紺地に、赤・朱 白の花柄を染め上げたモダンなお品。 10,573円
新品 綿 女性用浴衣 花柄 状態S さらりとした手触りの黒地に、紫・藤色 白の花柄 を染め上げたモダンなお品。単衣仕立て。 5,821円
良品綿 浴衣 青・紺 幾何学柄・抽象柄 状態A 目立つ難のないとても状態のよいお品です。 4,039円
女性用浴衣 古典柄 状態B 衿に汚れがあります。前身頃、袖、後袖、後身頃にシミがあります。 1,057円
綿 浴衣 多色使い 幾何学柄・抽象柄 状態A 男物浴衣。目立つ難のないとても状態のよいお品です。 2,281円

※状態について

S:新品

A:未使用または状態が非常に良い、着用に問題無い程度のシミがある場合アリ

B:シミがあるが着用に特に問題ナシ

C:シミあるいは汚れアリ、着付けの練習着などでの利用推奨

D:シミあるいは汚れアリ、ハギレとしての利用推奨

関連ページ
ページのトップへ戻る