袴(はかま)の買取相場を紹介

  1. 卒業式の定番スタイル袴(はかま)の買取相場を紹介

卒業式の定番、袴(はかま)について

卒業式の定番、袴(はかま)について

今や袴は女性が卒業式や成人式に着る定番となっており、色やデザインが豊富にあります。以前は色無地やぼかし染めの着物に合わせることが多かったようですが、近年では振袖や小紋と合わせるなど、自分流のおしゃれを楽しむことができます。着物に比べると買取相場はあまり高くはありませんが、需要があるので質や状態が良いものはそれなりに評価されるでしょう。

袴の発祥は古墳時代にさかのぼります。遺跡として発掘された埴輪が太いズボンのような袴を身に付けていたことからも、歴史の古さが感じられます。平安時代には、宮中で身分の高い女性たちが袴を履いていたという記録があるようです。その後身分や性別によって身なりが厳しく定められていた江戸期の武家社会では、袴は武士の礼装とされ女性が袴を身に付けることは禁じられていましたが、宮中の女官たちには例外的に認められていました。やがて女子教育が本格的に開始された明治時代に入ると、袴は女子学生のユニフォームになっていきました。従来の着物に帯の恰好のままいすに座って授業を受けると、帯や裾が乱れやすいという理由からです。明治時代の後半からは、女子学生の間で海老茶色の股に仕切りのない袴(行燈袴)が流行し、袴は新しい時代を生きる活動的な女性の象徴となりました。

大正時代以降は洋装化が進み制服もセーラー服などに切り替わっていきましたが、袴は女性の和装のおしゃれとしてだけでなく、男性の礼装としても現代に生き続けています。

袴の買取相場を紹介

商品名 状態 その他特記事項 査定価格(税込)
女性用 ウール袴 紐下95cm 新品 赤・朱 無地 状態S 身長158~161cmの方に。紐下95cm。新品。 5,821円
女性用袴 化繊 紐下92㎝ 緑・うぐいす色 無地 状態A 紐下92㎝。紐に薄いシミがあります。 4,039円
女袴 化繊 紐下92㎝ 赤・朱 無地 状態A 紐下92㎝。朱色。刺繍入り。後側に薄いスレ、裾に小さな汚れがあります。 5,227円
女袴 化繊 良品 紐下94㎝ ピンク 無地 状態A 紐下94㎝。裏左裾辺りと前紐に小さなシミがあります。 7,009円
女性用袴 化繊 美品 紐下95㎝ ピンク 花柄 状態A 紐下95㎝。 7,009円
化繊 女性用 袴 無地 状態A 紐下91㎝。身長156~160cm。 4,633円
女性用袴 化繊 美品 紐下98cm 花柄 状態A 紐下98cm。 8,197円
化繊 女性用 袴 青・紺 花柄 状態B 刺繍入り。紐下95㎝。身長161~165cm。裾にスレによる痛みがあります。 4,633円
男性用袴 化繊 行燈 グレー 縞柄・線柄 状態C 紐下89㎝。行燈。 2,851円
男性用袴 化繊 行燈 良品 縞柄・線柄 状態A 紐下89㎝。行燈。 9,385円
男性用 化繊 行灯袴 紐下93cm 縞柄・線柄 状態B 裾から35㎝に薄いシミ、前中央に薄く色やけがあります。行灯袴。紐下93cm。 5,821円
男性用袴 化繊 行燈 グレー 縞柄・線柄 状態B 紐下93㎝。行燈。前面に若干くすみがあります。 5,227円
男性用袴 化繊 行燈 良品 グレー 縞柄・線柄 状態A 紐下87㎝。行燈。 7,009円
男性用 化繊 行灯袴 紐下100cm 縞柄・線柄 状態A 行灯袴。紐下100cm。後の裾に若干汚れがあります。 11,761円

※状態について

S:新品

A:未使用または状態が非常に良い、着用に問題無い程度のシミがある場合アリ

B:シミがあるが着用に特に問題ナシ

C:シミあるいは汚れアリ、着付けの練習着などでの利用推奨

D:シミあるいは汚れアリ、ハギレとしての利用推奨

関連ページ
ページのトップへ戻る