着物を出す前に知っておきたい着物の買取相場をチェック!

  1. 着物を査定に出す前に!買取相場を事前にチェック!

高額査定が期待できるものと値段がつかないものとは?

高額査定が期待できるものと値段がつかないものとは?

売り手にとってはそれぞれに思い入れのある着物ですが、プロの着物査定士によると高額査定が見込まれるものと値段がつかないものがあると言います。それでは、着物査定士はどんなところに重点をおいて査定をしているのでしょうか。それは着物や和装小物を高く売るための3原則でもある、着物の状態、着物のクオリティ、証紙の有無です。

ひとつずつ具体的に紹介しますと、状態の良い着物とは未使用のものやシミ、汚れのないものを言い、特に新品や仕付けが付いた未着用の品は高額査定となるようです。着物のクオリティとは生地の質、サイズなどのことで、生地は正絹、丈は長い着物が高く評価されます。そして証紙の有無とは、品質や産地などを証明する用紙があるかどうかで、これを着物と一緒に提出するかどうかで査定額が大きく変わるので、要チェックです。

逆に高額査定が期待できないものとは、シミやキズ、汚れなどがあり古くて傷みがひどい着物や、喪服、真っ黒な無地の着物や羽織、長襦袢などの下着類、そしてポリエステルなどの化繊やウールの着物で、場合によっては値段がつかないこともあります。

以上のようなポイントを押さえていれば、手持ちの着物がどれくらいで売れるかという買取価格の目安をつけたり、買取相場と比較したりしやすいですね。

さらに高額査定が期待できるものとは?

さらに高額査定が期待できるものとは?

高額査定が期待できる着物とはその状態、クオリティ、証紙の3つを満たしているものですが、それに加えて着物の質が下記の条件に当てはまるものはさらに高い買取相場で取引されているようです。

1)有名作家や国宝級職人の作品

久保田一竹、木村雨山、喜多川平朗、小宮康孝、玉那覇有公、上野為二、与那嶺貞、中村勝馬、北村武資、古賀フミ、宗廣力山、山田貢、平良敏子、志村ふくみ、森口華弘、田島比呂子、由水兄弟、青木滋芳、川島甚兵衛、伊達弥助など

2)有名デパートや有名呉服店の着物

高島屋、三越、大丸、やまと、銀座越後屋、ゑり善、銀座志ま亀など

3)各地の有名染織物

大島紬、結城紬、芭蕉布、友禅、越後上布、宮古上布など

他にも着物の査定額を上げるためのポイントがいくつかあるので紹介しますと、まずは帯や草履などの和装小物もまとめて査定してもらうことです。小物自体に高い値がつけられるのは難しいですが、まとめて売ることで着物の査定額に色をつけて相場よりも高い価格を提示してもらえる可能性があります。

そしてより査定技術の高い買取店を選ぶことが大切です。着物査定士の技量は、着物の買取実績や経営年数をチェックすることである程度判断することができます。着物を査定に出す前に、以上のポイントを参考にしながらお手持ちの着物や依頼する買取店をチェックしておけば、安心して査定に臨めるでしょう。

まとめ

着物を売るときにまず気になる査定額ですが、お手持ちの着物の状態やクオリティをチェックすることで大まかな自己査定ができます。ただ着物にはたくさんの種類がありますからその状態や品質によって一律に評価されるものではなく、種類によっても査定額は大きく違ってきます。

しかし用途や柄、形などによって決まる着物の「格」が、買取査定額に必ずしも比例するわけではないようです。例えば礼装着である黒留袖は略式礼装着の訪問着よりも格上ですが、買取査定額においては訪問着の方が高い価格が付くと言われています。このように着物の種類によっても高く売れるものとそうでないものがあるので、査定に出す前にそれぞれの買取相場を知っておくことをおすすめします。

関連ページ
ページのトップへ戻る